建物によって工事方法が異なる

解体工事

東京で、解体したい住宅やビルなどがあった場合には、自力で行うことはほぼ不可能です。昔ならば、ある程度自力で建物を壊しましたが、最近の建物は自力で壊れるほど簡単なつくりをしていません。この場合には、解体工事業者に依頼するのがよいでしょう。解体工事業者を選ぶ場合でも、その工事内容にはいくつかの種類があります。一般的には、重機を用いて解体するのが基本になります。銃器を用いることで、短い時間で作業を終えることができるだけでなく、人力ではとても壊すことができないようなものまで解体することができる点はメリットといえるでしょう。ただ、場所によっては重機を使うことができないところもあります。周りに建物が密集している場合、まずは手作業やっていくのが基本です。

建物によって価格は異なる

解体工事を東京で行う場合、一体どれぐらいの料金になるかわからない人も多いはずです。ホームページなどを見ても、料金の相場が書かれていないことがほとんどになります。なぜ書かれていないかといえば、建物によって条件が大きくことなるからです。例えば、プレハブを壊すのと鉄筋コンクリートで頑丈な建物を壊すのでは工事にかかる手間が違いすぎます。そのため、相場を出すことができない状態です。ですが、おおよその目安は存在しています。一般的に、木造住宅の場合は一坪あたり\30000程度のお金がかかるわけです。これに対して、鉄筋コンクリートの建物の場合は一つ当たり\50000程度になっています。

電気や水道などをどうするか

例えば、東京の住宅を解体する場合には、まだ電気や水道などが通っていることもあります。この場合、勢いで解体してしまうと感電する恐れや火災になることも考えられるでしょう。ガスなどが通って言えば、確実にガス漏れが発生します。そこで、通常は解体工事をする前の段階で、その建物のオーナーが水道や電気そしてガスなどをとめる決まりになっています。これにより、確実に危険を避けることができるようになるでしょう。最初の段階で止めなければ、工事を始めることはできません。次に、近所迷惑にならないように周りの家に挨拶をするのが基本になります。それほど遠くの家まであいさつに回る必要はありませんが、少なくとも両隣ぐらいは確実に挨拶をしておいた方がよいでしょう。最近は、業者の方で勝手に行ってくれることもあるため、安心して任せることができますが、最終的にそこの住人もあいさつに行った方がよいといえます。挨拶をするときには、手土産を持っていくのが基本です。

広告募集中